2017年5月21日

BMアクセラをシャコタン☆ブギにする

BM5FPアクセラセダン、実に車高が高い。
よし、低脳らしくローダウンサス()に交換しよう。
でもベッタベタのシャコタンは好みじゃないちや。ちょっとだけ落とすやき。
フェンダーアーチの真ん中にタイヤが来るくらいでいいのだ。カタログに近づけばいいのだ。
まずはともあれ市販ローダウンスプリングラインナップを調査。

品名 ダウン量F/R バネレートF/R
純正 0mm/0mm 2.2/2.6
Autoexe 20mm/20mm 2.6/3.4
RS-R Ti2000 25~30mm/25~30mm 2.9/3.2
Espelir Super 35~40mm/35~40mm 2.4/3.0
Espelir Down 20~25mm/25~30mm 3.0/3.4
tanabe NF210 10~20mm/15~25mm 2.3/2.6
※スプリングレートはkg/mm換算

アクセラセダンは最近のF1マシンのようなレーキ角がついてる(かなり前のめり)ので、リア側を多めに下げたい。
するとEspelierかtanabeが候補。tanabeの開発時の写真を見たらかなり良い感じに「正しい純正車高」っぽい。ということでtanabeに決定。
おそらく周りは誰も気付かない。これで行ってみる。

そういえば車高下げたらスタビリンクの長さ調整が推奨されてる。スタビの作動角度が変わって、スタビライザーの効きが甘くなるってさ。アクセラのスタビライザーはどうやらブッシュで固定されてるので、純正スタビリンクのまま車高が落ちるとブッシュが捻じれる。適正な長さのリンクを装着したほうがいいのかもしれんね。
定番のAutoexeのはターンバックルじゃないし1~2年でガタがくるという情報があったので、アルファチューンというとこの製品にしてみる。

ということで近所のショップにパーツ取り寄せ&取り付けをしてもらいました。

交換前

交換後
最初からこうあるべきだ!!
フロント指2本、リア指2.5本くらいに。バランスが取れてかっこよいですな。いい感じにカタログ車高だぜ。
ツラ具合はホイール変更でほんの少しワイドになった分が相殺されて、これまたとっても純正感が溢れる。自然ですな。

姿勢が変わったのでヘッドライトの光軸調整をせねば。
車を平地に置いてOBD2コネクタをちょいちょいちょいっと短絡させればオートレベライザー初期位置リセット完了です。簡単すぎ。


さて車高の落ち幅について、指何本とかファジーな計り方じゃなく実測してみよう。
荷物は入れず燃料満タンにして、なるべく平地に置いて、フェンダーアーチの一番高いところからホイールの中心、つまり車軸までの距離を測る。これならタイヤの空気圧や気温、タイヤの減り、銘柄などに左右されることもない。
とかいいつつ、ホイール中心は測りにくいのでリムまでの距離を計りました。

交換前(ガソリン満タン)
LF 163mm RF 162mm
LR 175mm RR 174mm

交換から600km走行しアライメント調整後(同じ場所で計測、もち満タン)
LF 140mm RF 139mm -23mm
LR 145mm RR 144mm -30mm

あれ?10~20mm/15~25mmダウンはどこに行った?tanabeの開発車両のATハッチバックより、セダンMTのほうが30kgも軽いのになぁ。
予定より落ちてたのでスタビリンクの長さをくるくる調整。ターンバックル式にしておいてよかった。

乗り心地は・・・純正足がもともと硬めのためわからん。
定常円旋回してみても、特にバランスの変化がわからない。
ただし、まだ底付きする段差にはまだ遭遇してない。

ということで誰も気付かない車高下げの完成でーす。
2017年5月16日

[OSW] Connecting MiGE to SimuCUBE

Open Sim Wheel 構築で、MiGEサーボモーターはどう接続したらいいの?という質問がちょいちょいくるので、まとめておきますね。
確かにDB15コネクタへのピンアサインを正直に説明してるサイトは少ない。海外のレースシム系forumの奥底に手書きの図があったりするくらい。

というわけで、これら↓のソースから導き出します。
https://granitedevices.com/w/images/3/3a/Mige_servo_motor_catalogue.pdf
https://granitedevices.com/wiki/Connecting_motor_to_SimuCUBE

結論。エンコーダーケーブルの色の対比表は次のとおり。

Encoder Cable
Shell   PE
1 white
2 gray
3 brown
4 N/C
5 green black
6 green
7 orange black
8 orange
9 red
10 black
11 N/C
12 N/C
13 N/C
14 yellow black
15 yellow


DB15のほうのPE(シールド網線)は、シェル(コネクタの金属部分)に接続してくださいね。
参考動画
接続しない場合、電磁ノイズを拾って誤動作するかもしれません。

エンコーダーケーブルで余った3本の配線は使わないのでカットして、ショートしないように処理しといてください。


おまけにパワーケーブル。

Power Cable
1   brown
2 blue
3 black
4 N/C
5 PE  
6 (E-Stop)
7 (E-Stop)

E-stopスイッチは、プラスマイナスは意識せず接続してOKです。


OSWビルダーに幸あれ!
2017年5月11日

[OSW] 推奨パーツリスト

※この記事は、Groovy Clutch: [OSW] 標準的パーツリストまとめ の改定版です。

PC版レーシングシミュレーター用のハンコンで、今一番オススメできるのがOSW。
OSWを簡単に構築できる基板「SimuCUBE」のリリースから1年近くたち、一通り情報が揃ってきた。
そこで、ぼくが「OSWって何を揃えればいいの?」と相談されたらどう返答するかというと、こんな構成をオススメします。

SUSコックピット化を検討しとく
微細なFFBをキャッチし、強大なトルクに耐えるには、剛性があるコックピットが必要。
そもそもサーボモーター自体が11.5kgあるしね。落下したら危険。
やはりシムコクピはSUSアルミフレームのSF 40・40ベースで構築しとくべき。

ステアリングはFanatecリムにする
ボタンやパドルがついてこの値段。なにしろOSW検討する人はだいたい既に持ってるはず。
これを改造してUSBケーブルを生やし、PCに直接接続し、LED周りをFanaledsで制御する。
改造にはTeensy LCか、LeoBodnarの基板を使う。これらのページに改造方法も書いてある。
後述のSimRacingBayのキットのオプションに、もうすぐハンダ付け済みTeensy基板が選べるようになるらしい。

なお、対応リムはFormula, BMW, Porsche, 旧バージョンUniversalHub(XboxONE非対応版)のみ。

OSWはキットで買う
SimRacingBay - SimuCUBE based OSW kit with Acrylic case
これを買うことを推奨します。
なんてったってこのキットにはFanatecのクイックリリースがそのまま装着できるアダプターが追加できる。これが単品では買えない。

オプションを選ぶなら・・・
Servo Motor: MiGE 130ST-M10010 20Nm 10000ppr (40000ppr)
PSU: Mean Well RSP-320W
Servo drive: IONI Pro (19A)
Adapter for Fanatec QR: Yes
(現時点では発売前 TeensyLC with connector: Yes)

日本への送料を入れて1000ユーロ+αくらい。
この構成を薦めるね!Small Migeで十分すぎる!!
2017年5月9日

OMP Race Boots FIA Approved

みんな大好きなレーシングシミュレーター。みんなハマるごとにSUS化などグレードアップしてる。OSW勢も増えてきましたねー。SimVibeやふにゃふにゃシステムもかなり増えているのでは?良いことです。
そうしてシムコックピット周りが一通り揃うと物足りなくなってくるのが装備。
レーシンググローブに続いて、シューズを実車用にするよ。

シミュレーターといえど、実車と同じようなペダルを使ってる。リアルなレースをシミュレートしているなら装備も実車用にするのは至極当然のこと。

ちなみに現在は建築現場で職人さんが履いてたりする作業靴「建さんII」を愛用してる。ちなみにこれ、ソールも薄いし操作性も良いです。安いし。


どうせ探すならカート用じゃなく、4輪用のFIA公認モデルだよね!
ついでにグローブとブランド合わせたほうがそれっぽいよな!
とゆーことで
OMP Tecnica Evo Race Boots
こいつをオーダー。

かっこいい!

ところでシューズは合う合わないがある。通販の場合は、サイズ交換してくれる国内のショップから買うのをオススメするよ!